FC2ブログ

街道筋の老舗旅館にて


343 :本当にあった怖い名無し:2010/08/19(木) 12:14:29 ID:9vd/5FH2O
古い街道筋の老舗旅館に家族と泊まった時の事で、
夜遅くトイレに目を醒ましたら、部屋の襖の上にある欄間から明かりがもれていた。
隣の部屋には家族が寝ているはずで、明かりがついてるのは変だなと思い、そっと襖を開けてみる。
すると、江戸時代風の舞子さんが複数で一人の男を囲い、宴をしていた。
えっなにこれ?と思った瞬間、向こうの全員がこちらを凝視している。
うわっと思わず襖を閉めて、また開けたら暗いなか家族が寝てる。欄間の明かりも消えていた。

古い歴史のありそうな旅館だけに、一時的に別の時代に繋がったのか、という体験だった。


344 :本当にあった怖い名無し:2010/08/19(木) 12:28:45 ID:W1s63gs90
江戸時代風の舞妓さんってなんだろw 
というか、江戸時代頃の舞妓さんを見て、
現代に広く伝わってる舞妓のイメージで、それを舞妓と判断はきっとできないとおもうなあ。


347 :本当にあった怖い名無し:2010/08/19(木) 14:17:28 ID:VREeBrTmO
今の芸者はカツラだけど江戸時代は自毛だったから、見た感じが違うのかな? 
舞妓は昔も今も自毛だけど。


348 :344:2010/08/19(木) 15:13:28 ID:9vd/5FH2O
論議を起こしてすまんです。
細かいとこは覚えてないんだけど、
見た目華やかな朱い着物を着てて、肌に白粉は塗ってない女が、髷を結った着物の男を囲んでいた。
江戸時代風だと思ったのは、テレビや何かで見る作られた江戸風味とどこか違う、薄ら寒さを感じたから。
怖かったのは全員こちらを凝視してきた事で、何か見てはならないモノを見た気になった。

関連記事

2018-09-27 21:48 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム